節約

甘いお菓子を3カ月食べなかったら、体重と出費が・・・

甘いお菓子が大好きな私ですが、節約のひとつの手段として2019年3月から3カ月間、甘いお菓子を食べるのを禁止にしたところ、体重と出費、体調に変化が見られたのでここに備忘録として書いておこうと思います。

ダイエットをしたい!節約したい!でも、甘いものはやめられない!!という方はぜひ読んでくださいね(^_^)

甘いものをやめようと思ったきっかけ

私が甘いお菓子を食べるのを禁止しようと思ったのは、ブログを作成しているときにふと、この甘いものに対する出費が馬鹿にならないんじゃないか?と疑問を抱いたからです。節約系の記事も書いていますしね(^-^;

一回あたりの出費は大したことありません。100円程度からケーキでも高くて500円です。しかし、お菓子と一緒に飲み物を買ったり、毎日継続することで毎月結構使っちゃっているんじゃないか?と思ったので、一度甘いものを禁止してみようと実践してみました。

最初は禁断症状!?が出た

甘いものを断って最初の2週間くらいが一番大変でした。何せ、小腹が空くと甘いものを食べたくなりますし、コンビニに入ると誘惑だらけだからです(笑)

そこで私は、甘いものを食べたい!と思ったときに、おにぎりやおせんべいなどを食べることでなんとかその場をしのいだのですが、お腹が満たされてもなんだか気持ちが落ち着かないのです。しまいには、ケーキを好きなだけ食べている夢を見ました。もう、これは禁断症状です(笑)「お砂糖は麻薬と一緒」と言う健康分野の専門家がいますが、このとき初めて言葉の意味が分かりました。

2週間が過ぎて、体が少し軽くなった!

とても苦しい2週間を過ぎたころ、私は体が軽く感じるようになりました。実際、体重も1キロ減り、お腹周りも少しスリムに。さらに、寝起きが良くなり、禁断症状もなくなってひとつ山場を超えた感じがしました。

出費が減ってる!!!

甘いものを食べていた時は、月に2回ほどATMで現金を引き出していました。

その後、甘いものを禁止してから最初の2週間は「甘いもの食べたい!!」という気持ちを抑えるために『甘くない食べ物』を買っていたため、出費は以前より少し増えていたと思いますが、そこから先は激減!!

気が付いたら1か月あたり1万円~1万5千円の節約になっていました。

体重も出費も減って、体も心も軽くなった!

体重は体の慣れもあって3カ月で-2キロにとどまっていますが、もともとダイエット目的だったわけでもないので十分な結果です。

また、肝心な出費のほうも毎月1万~1万5千円減っているので、節約効果もある。という結論です。

このように、甘いお菓子を禁止にしただけで体も心も軽くなったので、ここまでの人体実験は成功した。と自分では思っています。

もう、甘いものは必要ないからこのまま行けそう!

甘いものは禁断症状!?を乗り越えてから、当時のように「食べたい!」と思わなくなっています。しかも、その「甘いものいらない」感は、月日が経つごとに増すので不思議なものです。

今はもう、甘いものを欲しがらないので、これからさらに「甘いものがいらない」という気持ちが強くなるのかどうかわかりませんが、現状維持だとしても、このまま行けそうです(^_^)

成果を出すことができた、ひとつの言葉

このように、私はなんとか成果を出せましたが、この裏にはひとつの言葉があります。それは、

例外は作らない

です。例外をつくって、

今日は特別な日だから甘いもの食べても良いか!!

なんてやっていたら、間違いなくこの企画は頓挫していたことでしょう。私は実践前にこの言葉を知ることができたので、信じることでなんとか禁断症状も乗り切ることができました。

この

例外をつくらない

は、とても厳しいですが信じて実行すれば効果があると思います。ダイエットや節約のひと助けになりそうな言葉ですので、良かったら意識してみてくださいね(^_^)