格安スマホ

UQとY!mobileの比較。特徴の違いを押さえてマッチした会社を選ぼう!

格安スマホ会社でキャリア直轄(グループ会社)は、

  • auのUQmobile
  • SoftbankのY!mobile

であり、この2つは他の会社と違って回線混雑時に速度低下しにくいという利点があります。そのため、このどちらかを選ぶことで昼間の12~13時、夕方(通勤・通学帰宅時)の18~19時に他社よりもサクサクとインターネット接続が可能になります。

【格安スマホ通信速度比較】 UQとY!mobileだけ混雑時間帯に影響が少ない!?格安スマホ会社が何社もあるなかで、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人はいませんか? 私はスマホで YOUTUBEを標準画質...

では、この2社でどちらを選べば良いのでしょうか。それには、それぞれの特徴を理解することが重要です。なぜなら、特徴を押さえることで、複雑で細かくてややこしい料金プランに困惑せずに選択できますからね。

それでは、説明をさせていただきます(^_^)

UQmobile(モバイル)の特徴

UQmobileの特徴は、データ通信に特化したシステム&プランであることです。たとえば、UQmobileは楽天モバイルと同様『高速通信ON/OFF』の切り替えができます。高速通信OFF時はデータ利用量にカウントされませんし、SNSなら問題なくネット利用できます。

また、データ通信だけのプランがあります。

一見、他の格安スマホ会社と同じようなシステム&プランになっているのですが、前述した通り

UQmobileはauのグループ会社

なので、混雑時間帯に他社よりも速度低下しにくいメリットがあります。

また、電話込みのプランはのほうは、

  • 国内通話一回5分以下無料
  • 毎月の合計が一定時間無料(たとえば120分/月)

という感じで、通話にはあまり力を入れていません。

Y!mobile(モバイル)の特徴

一方、Y!mobileの特徴は、通話とデータ通信がセットのプランしかなく、通話に力を入れている点にあります。

Y!mobileの通話は、1回10分以内の国内通話が0円がプランに組み込まれているので、電話を重視したい人におすすめです。

やり取りはもちろん、通話もアプリで十分!?

私の楽天モバイルはスーパーホーダイプランで、Y!mobileと同様、10分以内の国内通話がかけ放題なのですが、実際に電話する時間は1回につき1~2分がほとんど。通話しなくてもLINEやチャットワーク、メッセージ、メールで間に合うことが多く、通話できるアプリのLINEやFaceTime(iPhone)が電話代わりどころかテレビ電話になってしまうので、普段のやりとりはもちろんですが、通話もアプリで十分な気がします。

UQmobileとY!mobileでは、UQmobileがおすすめ!!

このように考えると、

インターネットを混雑時間帯(昼間や夕方)にもサクサクしたい

かつ

アプリやメールでやり取りするから、電話の通話時間にそれほどこだわらなくて良い

のであれば、auグループのUQmobileのほうがおすすめです。

細かい料金プランや割引制度は、どのスマホ会社も設けていて複雑怪奇としか言いようがないですが、ニーズにマッチした会社とプランでないと、データや通話の利用量がオーバーしてしまい、結果的に割高になることも十分あり得るのです。

格安スマホ会社の特徴を押さえて、みなさんがニーズに合った会社を選ぶことができたら私もうれしいです(^_^)

【比較まとめ】ニーズで選ぼう!あなたにおすすめな格安スマホ会社は?格安スマホ会社が乱立・離脱、しかも料金プランが複雑怪奇、なのにニーズに合わなくて解約したら約1万円!、仕方なくプラン変更して料金アップ!...