格安スマホ

【楽天モバイルスーパーホーダイ】低速通信1Mbpsでこんなことも出来る!

楽天モバイルのスーパーホーダイプランの特徴は、何といってもデータ使用量がカウントされない低速通信(高速通信OFF)のデータ速度。上限1Mbpsという数値ですが、ウェブ閲覧やYOUTUBEの標準画質(480p)で再生する分には、全く問題ありません。

しかし、それだけではありません。データ使用量ノーカウントなのに、スマホユーザーなら普段の生活で『ありがたい』と感じる3つのことを紹介したいと思います。なお、これは完全に私の主観ですのでよろしくお願いしますm(__)m

1Mbpsでできること①

『1Mbpsでできること』の1つ目は、アマゾンのプライムビデオが見られること。私が使っているスマホ6.0インチ(GooglePixel3aXL)であれば、標準画質どころか『最高画質』でのストリーミング再生が可能です。プライムビデオは懐かしいアニメも見られるため、我が家では必需品。これはとても魅力的ですよ!

1Mbpsでできること②

『1Mbpsでできること』の2つ目は、DAZNが見られること。DAZNはスポーツ番組の有料動画配信サービスです。

スマホアプリで『データ節約』をONにすると画質は少し低くなりますが、色々なスポーツを楽しむことができるのです。私はサッカーが好きなので欠かせませんが、その他のスポーツを楽しみたい人にとっても、ありがたいです。

なお、DAZNはライブ配信のときにたまにフリーズする試合があります。これは、ユーザーと言うよりも配信側のキャパがオバーしたときになるのではないかと思います。というのも、高速通信をONの状態にしても、フリーズする試合があるからです。

1Mbpsでできること③

『1Mbpsでできること』の3つ目は、動画配信サービスとして世界最大会員数を誇るNetflix(ネットフリックス)も視聴できること。Netflixは映画やドラマ、アニメなどの有料動画配信サービスです。プライムビデオよりも充実しています(^_^)

私は体験をしてみたのですが、やはりこれも高速通信OFF(低速通信)の状態でスムーズに視聴できました。データ使用量を気にすることなく、スマホでドラマやアニメ、映画を見られるのはとてもありがたいです!

データ使用量を気にしないで良いところが素晴らしい!他社で同じことをしたら料金3倍!?

このように、3つの有名な動画配信サービスが、楽天モバイルスーパーホーダイの高速通信OFF(低速通信)で楽しめます。つまり、ウェブ閲覧やYOUTUBEの標準画質での連続再生、上記の動画配信サービスの利用でしたら

一番低いデータプラン

で間に合ってしまうので、超お得なのです!

他の格安スマホで上記の動画配信サービスを利用しようと思ったら、スーパーホーダイのよりも高いプランを選択しなければなりません。心おきなく視聴するのであれば、楽天の場合よりも3倍近くかかる可能性もあるので、その差はとてつもなく大きいですよ。

具体的には、(楽天+DAZN+Netflix+アマゾンプライム)の月々の料金が、他社の料金と同じ、もしくはそれよりも安い。みたいな感覚です。

楽天モバイルのスーパーホーダイは、低速モードですと12~13時、18~19時だけは300Kbpsとなり、さすがに上記の動画配信サービスは厳しいですが、その時間帯は別のことをすると決めておけば、とてもありがたいプランですよ(^_^)

【比較まとめ】ニーズで選ぼう!あなたにおすすめな格安スマホ会社は?格安スマホ会社が乱立・離脱、しかも料金プランが複雑怪奇、なのにニーズに合わなくて解約したら約1万円!、仕方なくプラン変更して料金アップ!...